広告




信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

208年11月24・25 滋賀県甲賀市信楽町で開催された「ファンタスティックフェスティバルの逆襲」へ行ってきました。
イベントの詳細は以下のリンクを。

▼ファンタスティックフェスティバルの逆襲
https://www.facebook.com/events/325860141499625/

開催日時:2018年11月24日~11月25日 9:00 ~17:30
開催場所:庭園陶器窯元壷八窯

このイベント昨年から?開催されていたようですが、知ったのは今年が初めて。
今年は露出度が高く、何度かネット、TVで目にしました。
で、どこにひっかかったかというとイベント名です。
ファンタスティックフェスティバス、略してファンフェス…ワンフェスみたいですよね。
ワンフェスは、タミヤのお膝元で開催される全国的に有名なプラモデル等の造形イベント「ワンダーフェスティバル」のこと。
明らかにワンフェスを意識したネーミングに、その内容に興味津々です。

おそらく信楽の陶芸作家さんたちが集まって、各々の好きなものを製作・展示しているようで、
ジャンルがまさにワンフェス。
到底、陶芸でやろうとは思わない造形を製作。オタクな展示になっていました。

開催は24、25日の二日間で、初日はTV取材も入ったそうです。
わたしが行ったのは25日。この日も取材の方が来られていました。

展示内容は、ひとことで言えば陶器で作ったプラモデル。
実際はプラモデルではないんですが、ロボットや戦艦、戦車、フィギュアなどが陶器で再現されていました。
粘土で焼いてあの形状を際限するなんて素人から見てもかなり難しそうです。

おふたりの作家さんにじっくりお話を聞くことができました。
お一人は、普段からミリタリーの陶芸を販売しておられて、今回の展示も戦車と戦艦大和!
その苦労をいろいろお聞きしました。

戦車はキャタピラやローラーまで作り込まれていて、相当の力作。
タイガーI型?はかなり再現性が高く、質感やウェザリングもされていてかっこ良かったです。

また、ミリタリー陶器も作っておられるとのことで、
キャタピラ模様のお皿とか^^
ニッチだけど、それは行けそうですね!と盛り上がりました^^

・・・続く

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

信楽 2018ファンタスティックフェスティバルの逆襲へ行ってきました。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告