打ち込み用USB・MIDIキーボードとしてのYAMAHA PSS-A50 まとめ評判

iMacを使っていて、GaragebandでDTMする時に邪魔にならないUSB・MIDIキーボードをさがしていたところ、このYAMAHA PSS-A50を見つけました。
考えている条件に合うのかどうか?YAMAHA PSS-A50について調べてみました。
ちなみにPSS-A50にはMIDIは付いていません。

▼YAMAHA PSS-A50
https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/keyboards/portable_keyboards/pss-a50/index.html

私が欲しいDTM用USB・MIDIキーボードの条件

USB・MIDIキーボードといえば、ArturiaとかM-AUDIOとかの5オクターブくらいのものが思い浮かびますが、今回欲しいのは少し違います。その条件をあげると…
・USB接続できて、Garagebandで打ち込みができる。
・単体でも音が出せる。手軽に試し弾きしたりコードを確認できる。
・iMacの前に置けるコンパクトなもの。
・ミニサイズキーボードで、3オクターブ。
・ミニキーボードでも弾きやすい。
と、こんな感じ。

実は先日、AKAI MPK Mini Playを購入したのですが、オクターブが少ないのと、キーのタッチが深すぎてよくありませんでした。少し弾いてみましたが、あまりにもキーが深くてミニキーボードでは引っかかる。その上ベロシティー付きなので押し込みが浅いと音も鳴りませんでした。
そこで、ミニキーボードで弾きやすいものがいいなあと思っていたら、YAMAHAのRefaceがかなり弾きやすいという動画(氏家さん)を見て、同じ?HQ Mini鍵盤使用のPSS-A50が候補に上がりました。

しかし、一番重要なのはMacとUSB接続できてGaragebandで打ち込みができることです。これは、瀬戸弘司さんの動画を見るとAbletonに接続していたようでクリアできそうです。

また、もう一つの大きな条件は、単体で音が出ること。今使っているのが電子ピアノなので、ちょっと弾くにもよっこらしょっと手間がかかります。ちょっと曲のコードを確認してみよう…という時に、簡単に手元にあってすぐ音が出せるものが欲しかったのです。

PSS-A50の特徴

Amazonの販売ページでは…
演奏から録音、音楽制作ツールとしても活用可能なミニキーボードです。小さなボディでありながら、クールなサウンドを実現。簡単かつ多彩なエフェクトを活用し、オリジナリティあふれるサウンドをつくることができます。アルペジエーターを使えば、鍵盤を押さえるだけでさまざまなフレーズやバッキングパターンが自動的に演奏されます。また、フレーズレコーダーを使うと、録音したフレーズをループ再生させ、手弾き演奏を重ねることも可能。パソコンやタブレットに接続すれば、さらに音楽制作の可能性が広がります。

クリエイティブを刺激する!
鍵盤を押すだけでフレーズやバッキングパターンを作り出すアルペジエーター、音を多彩に変化させるモーションエフェクト、録音したフレーズをループ再生できるフレーズレコーダーなど、クリエイティブを刺激する様々な機能を搭載しています。PSS-A50のサウンドと機能を活用して、あなただけの音楽を表現してみては。

いつでも、どこでも。
PSS-A50は、単3乾電池4本、またはUSBモバイルバッテリーで動作するため、アウトドア、ロードトリップ、音楽スタジオ、友人宅などで、手軽に持ち運んで演奏できます。付属のUSBケーブルを使用してパソコンからの電源供給を受けたり、市販のUSB電源アダプターを使ってACコンセントからの電源供給も可能です。

パソコンとつなぐ
楽器とパソコンを付属のUSBケーブルで接続すると、音楽制作用ソフトにMIDI曲として録音したり、データ打ち込み用のマスターキーボードとして使うことができます。音楽制作の可能性が無限に広がります。
※音楽制作ソフトは別売です

優れた演奏性を実現した鍵盤
PSS-A50のHQ(High-quality)Mini鍵盤は、卓越したタッチと表現力でプロから高く評価されているヤマハ「reface」シリーズを継承しています。
複雑なフレーズや高速パッセージもタッチレスポンス搭載により表現力豊かに演奏可能。あなたの思いを最大限に引き出せる鍵盤を搭載しました。

ヘッドホンで楽しめる
ヘッドホン(別売)を接続して外部に音を出すことなく演奏を楽しむことができます。

品質なサウンドと多彩な機能、タッチレスポンス付き鍵盤搭載。演奏から録音、音楽制作ツールとしても活用できるミニキーボード。
タッチレスポンス搭載・HQ(High Quality)Mini鍵盤
音色数 42
アルペジオ 138
フレーズレコーダー
モーションエフェクト
USB-MIDI接続
スピーカー搭載/ヘッドホン端子
USBケーブル付属 ※USBケーブル経由でコンピューターから電源供給可能
USB電源アダプター、またはUSBモバイルバッテリー、または単3電池×4は市販品をご準備ください。

PSS-A50のいいところ

・コンパクトサイズ
・refaceシリーズを継承したHQ mini鍵盤が弾きやすい。
・16チャンネルのマルチティンバー音源としても使えるらしい。
・USB・MIDI接続でPCに接続できて打ち込み用のキーボードになる。
・内臓のアルペジエーター、フレーズ録音がMIDI出力できる(らしい)。
これのおかげで、DTM打ち込みにアルペジオや、適当に弾いたフレーズをDAWに流し込んで使ったり、あとで確認したりできる。
・ドラム音源が演奏・打ち込める。
手軽に、ミニキーボードで内臓のドラム音源を演奏することができます。ドラムマシーンやMIDIキーボードを使ってDAWのドラムパートを立ち上げる必要がありません。
・タッチレスポンス付きのキーボードですが、感度が調整できてフィックスモード(おそらくベロシティー固定)が使える。素人は強弱がつかないほうがきれいに打ち込めますよね。
・モーションエフェクト、ポルターメントがある。

PSS-A50のここはどうかな?な点

・気になるのは、不良品?の話。アメリカで販売されているロット?で、電源が入らなくなる不具合が少なからず報告されているらしいところ。Amazonの日本語のレビューでは見つからないとのことです。購入するときは並行輸入品は避けたほうがいいということなのでしょうか?(それでOKともいえませんが)
・この記事を書いている時点で、入手が困難。メーカーの供給が不足しているのか、在庫の値段が急騰。買うのはもう少し様子を見たい。(PSS-A50の購入方法
・サスティンがコントロールできるダンパーペダルの端子がない。贅沢はいえませんが…^^
・ピッチベンダー・ホイールがない。これも贅沢ですが。

PSS-A50の評判

PSS-A50
・NightBirds (PSS-A50 YAMAHA)JAZZ(ピアニストがミニ鍵盤を弾くとこんなにスゴイ。)
 https://www.youtube.com/watch?v=n9kJsy3c4kM
・【YAMAHA PSS-A50 解説 Vol.1】概要編 ~どんなところが良いの?~ 使ってみて感じた点をシリーズでお話しします♪
 https://www.youtube.com/watch?v=XDg0A4BGihM
・【YAMAHA PSS-A50 解説 Vol.2】リズム編 ~どんなリズムがあるの?~  / 5拍子のドラムパターンを作って、TAKEFIVEを弾いてみました♪
 https://www.youtube.com/watch?v=vYjVSeDSh_s
・AMAHA PSS-A50 Demo7 “Fly me to the Moon”/ TwinDrums ~ドラムパターンを2つ重ねて鳴らてみました♪
 https://www.youtube.com/watch?v=4srJ-vWWuB0
・YAMAHA PSS-A50 Demo8 “RYDEEN(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)” を弾いてみました♪
 https://www.youtube.com/watch?v=jI6ZbZtaK8k

 
・【完全解説!】YAMAHA PSS-A50の使い方 〜基本から応用まで〜
 瀬戸弘司さんの詳細動画。
 https://www.youtube.com/watch?v=hRtJ5LKDk8E
・【すでに入手困難!】ヤマハの本気!新時代のミニキーボード爆誕! / YAMAHA PSS-A50
 瀬戸弘司さんの詳細動画。
 https://www.youtube.com/watch?v=IeqDPfdo4SQ
・Yamaha PSS-A50 – Full Review(アルペジオの使い方が)
 https://www.youtube.com/watch?v=Trtf3n4wC_M&t=309s

HQ mini鍵盤
・YAMAHA reface YC Demo & Review [English Captions]
 氏家さんがA50と同じ鍵盤のreface YCでパフォーマンス・レビュー。
 https://www.youtube.com/watch?v=HuOoOyJmMp8
・YAMAHA reface CP Demo & Review [English Captions]
 氏家さんがA50と同じ鍵盤のreface CPでパフォーマンス・レビュー。
 https://www.youtube.com/watch?v=IoZr28pVivI
・YAMAHA reface CS Demo & Review [English Captions]
 氏家さんがA50と同じ鍵盤のreface CSでパフォーマンス・レビュー。
 https://www.youtube.com/watch?v=njeJDS21z8M
・YAMAHA reface CP, CS, DX & YC Demo Play
 https://www.youtube.com/watch?v=P5Uw3fTYPkE
・<前半45分のみ>【向谷実】YAMAHA refaceでREALなデスクトップミュージック 2016-10-27
 https://www.youtube.com/watch?v=YXa3SMnThZ0&t=2272s

Youtubeにたくさんレビューが投稿されています。瀬戸さんの動画はわかりやすいと思います。それと、プロのピアニストの方の動画は、ミニ鍵盤でもこんなに弾けるのか!ということで感心してしまいます。

PSS-A50のスペックなど


PSS-A50の競合製品

・MPK Mini Play(本品)
良いところは、内臓音源が使えるところ。キーストロークが深くてタッチセンスが良好らしい。
良くないところは、2オクターブ鍵盤。キータッチ。

・MPK mini MK2(本品の音源なし製品)

・M-Audio USB MIDIキーボードコントローラー 32鍵 8パッド・8ノブ Axiom AIR Mini 32
3オクターブ鍵盤。この手の製品で3オクターブは少なめ?
内臓音源はない。

・ YAMAHA ( ヤマハ ) / PSS-A50 ポータブルキーボード
良いところは、3オクターブ鍵盤、Reface系の鍵盤で弾きやすい。音のもマシ。マルチティンバーできる。もちろんUSB接続でDTMの打ち込み用にも使える。
良くないのはホイールが無いところ、内臓音源が少ない。サスティンペダルもない(はず)。

・MIDIコントローラー,Benkeg PANDA25コンパクト25キーUSB MIDIキーボードコントローラー8 RGBカラフルなバックライト付きトリガーパッド(USBケーブル付き)
おそらく標準鍵盤。2つの割り当て可能なペダル(AとB)。MIDI IN/OUT。USB2.0電源。
USBは電源のみでDAWコントロールはMIDI経由ということ?プラグアンドプレイとあるのでUSBデコントロールできそうですが詳細不明。

・ NOVATION ( ノベーション ) / LAUNCHKEY 25 MKII MIDIキーボード コントローラー
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/205558/
標準鍵盤。iPadでもバスワーで駆動。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする