広告




存続の近江鉄道、新車両300形営業運転開始とニコイチ大改造の詳細

鉄道の在り方を議論している法定協議会で、鉄道線の全線存続が決まっている近江鉄道ですが、新たな鉄道車両「300形301編成」が2020年8月1日から営業運転が開始されました。

新たな鉄道車両「300形301編成」は、近江鉄道では約7年ぶりの新形式車両。
元は、西武鉄道で走っていた車両で、ワンマン改造を施した車両。
車体の塗装は,100形と同じ琵琶湖をイメージした水色(オリエントブルー)。100形のような白色の帯はなく、水色一色。
同社としては初めて乗降扉上に車内案内表示器を設置、行先や次駅案内を表示できる。白文字LEDを採用(前面と側面)。行先表示器は、イベント列車で使用される表示も収録されている。
パンタグラフも従来の車両(800形,900形,100形)とは違った新しい仕様のものに変更されている。

近江鉄道のYoutubeアカウントでは、「300形」の製作インタビュー動画「【近江鉄道公式】7年ぶりの新型!300形解体新書」が公開されている。なんとこの新車両、もらった車両を切断して必要な部分を溶接でつないでいるのでした。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告