屋外ストロボ・ポートレート写真の撮り方を検証してみる(撮影参考)

「屋外ストロボ・コスプレ写真の撮り方を検証してみる」です。
久しぶりにコスプレのポートレート見ていたら照明がいい感じで、またストロボ撮影のことあれこれ考えてしまいました。
特にコスプレ好きというわけではないんですが、コスプレ写真撮ってる人にやたらシャープで綺麗に撮る人が目立つので、こんな風に撮って渡したら喜ばれるだろうなあ…ということで時々参考にコスプレ撮影の人も見ています。

参考は、寒黙(ハンモ)@現像中 @nigellizhe さん
左上1枚目です。

うまいですねー、こんなに綺麗に照明できたらいいですね。
自然で光が当たってるのがわからないような照明もいいですが、こういうふうにしっかり照明が当たっているのに不自然さのないものもいいですね。
どうやったらこういう風に撮れるんでしょうね。。。
これ、結構撮影後の画像処理もしっかりされててそこもうまいんですが…気になりますね。

このアクティブでも気にならない当て方、こういうやつって何でしょう?
とりあえず、ソフトボックスかトランスルーセント・アンブレラみたいな感じはします。独特の白っぽい当たり方してますよね?
あと、顎の影がすごくボケてます。これ照明が近いんですよね?顎と首の距離だとこれくらいボケそうですが、左手の袖のあたりもボケてるし。ディフューザーが大きいのかな?
バックライトは日光ですね。うまいこと入ってます。
外なのでそんなん大きなアンブレラは無理そうですが、上半身だけ当たってる感じでそんなに大きくない感じ。傘トレかな?

カメラ関係は、髪の毛がそこそこ分離した線で撮れてそうなので、フルサイズだったり、ローパスフィルターレスだったり、手ぶれ対策だったり、シャープなレンズだったりするんでしょう。うちのキスデジX7iだと、ストロボの閃光で撮るか、三脚で撮らないと髪の毛は厳しい。ISO100じゃないとモワモワです。(APS-Cってこれが一番気になります。うまい人が撮るといいのかな?最近の機種はどうなんでしょう?)
レンズはバックが大きめに見えるのでちょっと望遠気味?で50mm以上、絞りはf5.6以上?照明の兼ね合いもあって全然わかりません。

ストロボは?…ほとんどやったことないので、これわかりません。
日中シンクロで、天気良さそうなのに結構背景が落ちてて、ボケもあるので…
ISO100、絞りは開けて、明るい日なのでシャッタースピードを速くしようとすると、
ストロボの同期から外れてくるので、ハイスピードシンクロ(HSS)を使う。でしょうか。

こんなに明るい日にHSSやるってことは、ストロボの容量も必要ってことでしょうか?
一度やってみないとわからないです^^;下に参考リンクを入れておきます。

▼晴れた日の「日中シンクロ」はHSSでないと不自由するワケ
http://panproduct.com/blog/?p=62319

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする