【甲賀市グルメ】お洒落すぎる”透明な麻婆豆腐” 信楽の創作中華料理のお店「alo」へ行ってきた。

※アフィリエイト広告を利用しています

信楽の気になるお店「ちょっと中華な食堂 alo」へ行って来ました。
いま人気の中華料理店なのですが、単なる中華とは思えないクリエイティブな味?でとても美味しかったです。
そんなaloでのお食事のことを、思い出せる限り書いていきます^^。

信楽の気になるお店「ちょっと中華な食堂 alo」

今年の後半、友達から聞いてお店のInstagramをフォローしていたのですが、投稿される料理の写真がどれもとっても良くて一度行ってみたいと思っていました。
写真がいいというのは、ピント浅めの写りもいいのですが、それよりも…
小さな小皿に盛られた一品料理がとっても可愛くてお洒落で、中華と言われて想像するのとは全く別な一品だったのです。

これは是非一度行きたい!と思っていました。
それで、お店のことをネットでチェックしてみると、やはりお店はいつも満席みたいで、いま話題の人気店ということがわかりました。
お店の営業日も、若干お休みが多めなので月のカレンダーは要チェックです。

私たちは、今年最後の営業日を選び、オープン直後の11:00前にお店につくように計画しました。
お店に着くと、私たちが一番であっさり席に着くことができました。
が、少しすると次々お客さんが来られて、若干の差だったことがわかりました。
ネットを見ると、普通に行くと満席のことが多く、順番表に名前を書いてお店の外で待った…とありました。
名前を書いてから30分くらいで入店できたようです。

以下、お店の外観の写真。

古民家をリノベ・再生したお店だそうです。aloの看板が。

店内は、真っ白な空間とオシャレなインテリア。

綺麗でかわいい料理に惹かれてやって来たaloさんですが、
お店の内装も素敵で、田舎の民家を改装したらしい、家屋の中は壁と天井を全て取り払ってしまったような真っ白な空間でした
そこに、テーブルがぽつぽつとあちちに置かれている感じ。

シンプルな店内ですが、インテリアにもこだわりが見え、壁には大きな丸い植物?のオブジェがあって、黒い毛皮?やグリーンの苔?をベースに色鮮やかな花々が散りばめられています。
後で考えると、これを見ただけで、ただの中華料理店ではない…という伏線がすでにあったのでした。

お店の窓から午前の光がいっぱいにさしてくると、真っ白な店内はとても明るい雰囲気になりました。
これも、この後いただくお洒落なお料理のイメージと良く合っていたと思いました。

以下、お店内部の写真。

メニューは中華定食メイン、でもお味はちょっと別次元

お料理は中華定食がメイン。
麻婆豆腐、油淋鶏、回鍋肉、海老マヨがあって、これが1,780円〜1,880円。
お子様用に欧風カレーが650円。

追加メニューというのがあって、
海老マヨ、麻婆豆腐ハーフ、白ご飯のお代わり、杏仁豆腐
というのが全メニューでした。

私は、麻婆豆腐の定食を。
まず驚いたのは、透明の麻婆豆腐ということ(写真参照)。
一般的な麻婆といえば茶色のミートソースみたいな感じですが、出て来たのは透明なあんに包まれた和菓子のような一皿。
実際、透明のあんはプルンプルンで和菓子のようでした。
すぐに気がついたのは、フワーッと広がる山椒の香り、これも普通のと違う。
山椒の香りに包まれた爽やかでパンチのある麻婆豆腐…
それは、初めてのお味…という印象でした。

定食には、4つの副菜がついていて、これらがとても可愛いビジュアルで気になっていたものです。
(陶器の小皿もいちいちかわいい。)
しかし、お味はさらにその上を行っていました。
豚と金柑ミントのタコスは初めて食べる料理で、初めて感じる新鮮なお味。
どれも知ってる料理に突き抜ける味がプラスされていて、本当に想像を超えてくる…と思いました。

そのほかに、ごぼうの唐揚げ、温泉卵の八宝菜、枝豆紹興酒つけ、中華スープとあり、
そのどれも、副菜というには勿体無い一品料理で、どれも一味違う…という印象でした。
一品一品工夫を凝らして、普通であることを許さない…
なんと理想の高いお料理!って思うほど、ちょっと感動してしまいました。
ちょっと言い過ぎか^^

以下、お料理の写真。

こんな透明なマーボー見たことない。


これが八宝菜!


ごぼうの唐揚げすら一味違った。


これ!豚と金柑ミントのタコス、美味しくて初めての味でした。

ちょっと中華な食堂 alo 店舗情報

・名称 ちょっと中華な食堂 alo
・住所 滋賀県甲賀市信楽町黄瀬1613
・アクセス 雲井駅から832m
      お車の場合はGooglemapで「alo駐車場」を検索してお店へは徒歩で。
・営業日 instagramにカレンダーがアップされるようです。
     open 火〜土 11時〜15時 closed 日月祝+不定休(月3回火)
     予約不可
     (以上は2023年12月のもの、必ずインスタなどをご確認ください)
・instagram https://www.instagram.com/alo_shigaraki/
・グルメサイト https://tabelog.com/shiga/A2502/A250202/25012002/

・アクセスとマップ

まとめ

他のお客さんの感想を見ても、私と同様に「想像を超えてくる味」などのコメントがありました。
私は、あのような創作?のお料理を初めていただきましたので、とても新鮮で感動が大きかったです。
TVなどでなんとなく知識では知っていたのですが、お料理ってすごいんだと初めて実感しました。
このような食の体験が、自分が住んでいる田舎のすぐそばでできることがとてもラッキー。
また伺って、食事を楽しんだり味の創作というクリエイティブに触れたいと思いました。

この記事を書いた人

kokaindex
kokaindex
地元甲賀内から県内で印刷・web制作、写真撮影などをしています。デザイナー、フォトグラファー。
2000年からホームページ・ブログを開始、写真、デザイン、地域...について発信を続けています。ここでは、甲賀市の面白いことを取り上げて記事にしています。特に文化・芸術・カフェ・地域振興のことが多めです。
FUJFILMのカメラ愛好者。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




おすすめ記事

  1. 琵琶湖専門の写真ブログを作りました。 以前から考えていたのですが、琵琶湖の写真だけを掲載す…
  2.   甲賀市の名物、ご当地グルメ・スイーツ、おみやげを見つかるだけピックアップしまします。 知…
  3. 先日、TVのニュースでやっていたのですが。 最近の海外からの旅行者は、日本へやって来てどん…
  4. 一気に書きなぐっていて推敲していませんのであしからず。 地元でフォトウォークや写真部活…
  5. 前にも書いたのですが、自分が写真を撮ってきて、作品と呼べるものがない。 そこで、作品を残し…
  6. 以前行った、写真家・川崎佑さんのトークショーにゲストで来ていた野田幸江さんですが、ショーの後…
  7. 写真をキーにした拠点を作りたい 漠然と、甲賀市内でカメラ・写真の活動を増やしていけたらなあと思って…
  8. (まだうまく書けてません。随時推敲します...) 「甲賀市に文化・芸術の種をまく」というと…
  9. 「カメラ歴も長いけど、何を撮ってきたの?」 私は、2003年頃からカメラを始めて、途中すっ…
  10.   甲賀市の土塁に囲まれた小さなお城たち。 (この記事はかなり想像が入っていますので悪しから…

プレスリリース

  1. 2023/7/7

    プレステスト
過去の記事
ページ上部へ戻る