「地方からのコンテンツの発信、ローカルパブリッシング」を作ってみたい。

以前から時々やっている「甲賀インデックス、webサービス化計画」。
その時々で、想定はサーチエンジンだったりSNSだったりご当地ブログ群だったりするのだけど、今回は甲賀市民専用フリーブログサービスって感じのものを想像している。これはご当地ブログに近いのだけど、大きく違うところはみんなで投稿して一つのwebマガジンを構成するタイプ。

基本フリーブログなんですが、投稿者をちょっとこだわって地元甲賀のあれこれを発信するのがうまい人や地元愛の強い人にそういう文章や写真を投稿してもらう。そんな記事のカタマリである甲賀市発のウェブマガジンブログにしたいというもの。

あちこちどうやって実現するの?ってとこがあるのだけど、とりあえずブログ本体のベースを作っているところ。
デザインは世間にあるご当地ブログみたいなものでなくて、COLOCALみたいなウェブマガジンの雰囲気をめざしていて、wordpressのベーステンプレートを直してるのだけどなかなかブログ感が抜けない。
同時にwordpressの機能の追加などもやっているのだけど、どうしてもプログラムで書き起こさないとできそうにないことが少なくない。いいテンプレートが出来たらどこかの業者に発注してみようかと考え中(個人の経済力では合わないかな…)。

それでも一番の問題はこれに参加してくれる人。こんな地味な企画に参加してくれるような人はそうそういないだろう、多分一人一人説得していくしかないのかもしれない。noteやる感覚で投稿してくれないかな…。
だから、こんなサイトに寄稿してみたいと思わせるようなサイトを作らないといけない。

今更そんなブログにどんな意味があるの?って言われそうだけど、正直なところよくわからない。なんとなく勘が働いて「そっちの方…」って声がするだけだ。
地方の時代…って言われていくらも経つ、一次産業の再構築やリモートワークや子育て・住み直しやワーケーションや…いろいろなローカル事案が起こっている、そんななかの一つとして「地方からのコンテンツの発信、ローカルパブリッシング」をやってみたい。そこにどんな面白さがあるのかはやってみないとわからない。
これが今のマイブーム^^。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする