広告




朝ドラ・なつぞら 実在のモデルはだれ?など東洋動画(東映動画)アニメーター編のまとめと想像


 
朝ドラ「スカーレット」ブログ・あらすじ[→]

 

宮崎駿、高畑勲が在籍した東映動画が舞台の朝ドラ・なつぞら

広瀬すず主演で放送中のNHK朝ドラ・なつぞらですが、北海道から上京してついに東京・アニメーター編に突入しましたね。
もともと、私自身もアニメーションに傾倒したことがあって、今回の舞台となっている東映動画は大変馴染み深い会社(と言っても文献などで読むだけですが…)。こんなマイナーな趣味の領域が朝ドラで採用されるなんて、時代も変わったなあ…と感慨深いです。

東映動画というのは、日本のアニメーション制作の草分けにして最大の制作会社で、その後様々な分野で活躍される方々が在籍された現在のアニメ文化の源流となった場所。アニメファンでなくてもよく知られる宮崎駿、高畑勲らがアニメーションの世界に入った場所・時代です。
実は、この頃のことは克明に記された本(大塚康生さん著)があり、当時のエピソードやアニメーション制作の裏側を知ることができます。そこには宮崎駿さんや高畑勲さん、なつぞらの登場人物のモデルになった方々がたくさん登場します。

作画汗まみれ / 著:大塚康生(Amazon)
東映動画時代、コナン、カリオストロの城〜まで、宮崎さんと一緒に仕事をしたアニメーターの大塚康生さんが書かれた東映動画とアニメーション周辺の記録的な著書。日本のアニメ創世記のキーパーソンや状況がよくわかります。

 
記事を移動しました。
・朝ドラ・なつぞら 実在のモデルはだれ?など東洋動画(東映動画)アニメーター編のまとめと想像
http://kokaindex.sub.jp/radio/?p=263

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告