広告




珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
 

2019年3月5日、土山町瀧樹神社の「ユキワリイチゲ」の群生です。

ユキワリイチゲ(雪割一華)は絶滅危惧種?的な指定を受けている(らしい)山野草ですが、ここ甲賀市に珍しい群生地があるので見て来ました。
場所は、土山町の瀧樹神社の中の一画。神社の森〜御神木の大きな杉の木の下に群生しています。

ここで一つ注意ですが…
旧東海道を進んでいると、神社の参道らしき灯篭が見えて来て隣に駐車スペースがありますが、ここは隣のお家の私有地で駐車してはいけません。神社へは細い参道を進んで川原まで行くのが良さそうです。川原と神社の間に少しですがスペースがありました。駐車場はないと思われます(←正確ではありませんが…)。

その川原と神社の間にユキワリイチゲの群生場所があって、低いチェーンで区切られているのですぐにわかりました。この日も目当ての人が写真を撮りに来ておられました。群生地はパッと見て30m四方〜って感じでしょうか?一面に小さな花が咲いていました。あとでネットを確認すると、少し離れたところにあるご神木の足下まで広がっているようで、まだまだこれから咲き広がるのかと思います。

「ユキワリイチゲ」

花はとても小さな花で、うっすらとした紫でとても品のいい色合いのお花です(白もあるようです)。撮影画像ではちょっと彩度を強調したのではっきりと紫ですが、実際はもう少し薄いです。今見るとその方が自然で上品に感じます。
wikipediaを見ると、ユキワリイチゲのページはなくて「イチリンソウ属」という項目の中に名前がありました。

▼wikipedia:イチリンソウ属
https://ja.wikipedia.org/wiki/イチリンソウ属

–以下wikipedia抜粋–
多年草で発達した地下茎がある。根出葉は長い柄をもち、3出複葉になるか掌状または3出状に分裂する。茎は1輪かまたは分枝し、茎葉が輪生または対生する。花は1個が花茎の先端につくか、数個-10数個が集散状花序または散形状花序となる。萼片は花弁状で5-10数枚。花弁はない。雄蕊は多数つく。果実は痩果となる。
「雪割」は早春植物を意味し、「一華」は一茎に一輪の花を咲かせるという意味である。
–抜粋ここまで–

続けて写真・画像を載せておきます。
Canon EOS Kiss digital X7i + tamuron 28-75/f2.8
 

名称 宗教法人 瀧樹神社
所在地 〒528-0232 滋賀県甲賀市土山町前野155
ホームページ http://www.takigijinja.com/
アクセス  
 
 

 

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
ネットを見るともっとたくさん咲くようです。

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
平日でしたが、写真を撮りに来られてる方がちらほら。

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
自然の造形は本当にキレイです。

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
りっぱなご神木がおわしました。この足元にも咲いているよう。

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)
この辺りにスペースが少しありました。

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

珍しい山野草 ユキワリイチゲ(土山町・瀧樹神社)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告