広告




日野・秋の桟敷窓アート(2019) ぶらぶら写真・向町カフェ

先日(2019年10月の2週くらい)、日野町の「秋の桟敷窓アート」というイベントに行って来ました。
ここは、ひな祭りのシーズンに道沿いの家が塀の桟敷窓という小さな窓(といっても中が良く見える)をオープンにして、自分ちのお雛様を公開する…というイベントをやっているところで、今回は通りにある古民家で展示があったり、家々がハンドメイド品を販売したり…桟敷窓から工芸品などを公開したり…という中身になっています。

この通り(日野観光協会のまちかど感応館〜綿向神社周辺)は結構距離があってぶらぶらするにはちょうどいいのですが、最近ちょっとお疲れ気味なので綿向神社辺りでヘトヘトになってしまい、いつも立ち寄れなかった向町カフェで休憩させてもらいました。

向町カフェ、よかったです。昭和レトロでまとめてあるとのことですが、めっちゃ上手く・キレイにされていました。レトロなインテリアや小物も良かったのですが、気になったのはclammbonのCDがバージョン違いで売られていたり、BGMがちょっとマイナーな「アイル」がかかっていたり。CDステレオ?が気になる形をしていたり…どれも未確認ですが、今度行ったら店内の写真と一緒に聞いてみたいです。

それと、ギャラリーつつむで開催されていたヒンメリ展ものぞきました。ヒンメリ初めて知りました。こんな風に室内を飾れるとは。
作家の先生も気さくな方でいろいろ教えていただいたりして、やってみたいな…と思いました。

 ▼「アイル」haruka nakamura × 岩倉しおり MV
  https://www.youtube.com/watch?v=8dDIc6L1B_I

 ▼桟敷窓アート協賛10/12〜10/20中川きよのヒンメリ展
  https://tutumu.gallery/191012kiyononakagawa_sajiki/
  

 

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告