広告




「あなたのアカウントは停止されました」偽Amazonのフィッシングメールに引っかかってしまったら。対処法など。

もし、偽Amazonのフィッシングメールに引っかかってしまったら。せっかくなので、その後の対処法などメモしておきました。

偽Amazonメール

やってきたのはこんなメール。メールのリストもさらっと普通で本物ぽい。
Amazon.co.jpから「あなたのアカウントは停止されました」というタイトルでメールが届きました。

Аmazon お客様

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。
[Аmazon ログイン]

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ:
パスワードは誰にも教えないでください。
個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

本文を見るとこんな感じでAmazonの公式メールぽい。
真ん中に「Amazonログイン」というボタンが目立っていて、ここをクリックするとフィッシングサイトにつながるよう。

検索して調べてみると…

メール本文のそれらしいところ(あなたのアカウントは停止されました)をコピーしてGoogleで検索して見ると…「詐欺メール」「Amazonを騙る・名乗る」「フィッシング」「押しても大丈夫?」「詐欺の見分け方」「偽メール」などのフィッシング詐欺に関する記事がたくさん出てきました。
これを見るだけでも十分。このメールは怪しいと世間でも認知されているのがわかります。

「Amazonログイン」を押すとどうなるのか?

「Amazonログイン」を押すと、偽のAmazonログインページに移動します。そこでIDとパスワードを入力すると、相手に情報を知られてしまうということでしょう。
なので、このページが表示されても正しく入力しなければ大丈夫なはずです。

正しいIDとパスワードを入力してしまったら…

偽のAmazonログインページで、正しいIDとpaswordを入力してしまったら…
すぐにIDとPaswordを変更することが必要です。
Amazonの正規のページへ行って、右上のメニューから「アカウントサービス」「ログインとセキュリティ」と辿って新しいIDとPaswordを設定し直しましょう。
また、クレジットカード情報が設定されている場合は、一旦削除した方がいいかもしれません。

もし、こちらより先に、相手がログイン情報を書き換えてしまったら。こちらはログインできませんので、すぐにAmazonのカスタマーセンターへ問い合わせしましょう。(ログインできないのにカスタマーセンターに問い合わせできるかは謎ですが…)

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告